【神棚のお供え物】配置や処分方法を解説


神棚の作法.com
本文へジャンプ
神棚の作法.comのトップページへ

神棚の作法
神棚とは
種類

設置の仕方
設置の仕方
取り付け
まつり方
場所
高さ
向き

お供え物と神具
お供え物
お供えの並べ方
正月のお供え物
お米
お水
お塩

お酒

しめ縄
灯篭
雲板

御札について
御札
神様
お札の並べ方
祀り方
天照大御神のお札
お札の交換

拝礼の仕方

祝詞
拝み方

その他
新築の神棚
神棚と仏壇
喪中のしきたり
処分方法


だるま
商売繁盛
合格祈願
大願成就
安全祈願
夫婦円満
必勝祈願
長寿祝い
健康祈願
お祝い
目の入れ方


縁起物
招き猫・右手上げ
招き猫・左手上げ
招き猫・両手上げ
犬張り子


だるま販売店
高崎だるま販売店の鈴屋



>【神棚のお供え物】配置や処分方法を解説

神棚のお供え物について


神棚のお供え物について
こちらのペ−ジでは、

1.基本の三品の交換頻度

2.配置の仕方

3.処分方法

4.榊の交換頻度

 

などを中心に解説しています。



☆基本の三品の交換頻度について

 

 神棚にお供えする物を「神饌(しんせん)」または「供物(くもつ)」といいます。

 

 日常のお供え物は米、塩、水の三品が基本です。

 

 毎日お供えするのが原則ですが、できる範囲で構いません。水は毎朝米や塩は最低でも週1くらいは取り替えるとよいでしょう。

 

 

☆配置の仕方について

 

 お供えする際には、米を中心へ一番先に、次に塩、水の順にお供えします

 

 酒もお供えする場合は、米、酒、塩、水の順番で、向かって右、次に左の順で横一列に並べるのが一般的です。

 

 場所がない場合は、二列でも、狭い神棚なら合わせ盛りにして供えても構いません。

 

お供え物の配置の仕方

 

 

☆処分方法について

 

 日常のお供え物は、さげた後、お米は炊いて食べ、塩や水は庭や玄関先にまくといいでしょう。

 

 お供えしたものは「お下がり」といい、食べることで神様のパワーを分けていただけるといわれます。

 

 

☆榊の交換頻度について

 

 もうひとつ、神棚の左右には常にみずみずしい榊(さかき)をお飾りします。天から降りてきた神様が、樹木を介して神棚にいらっしゃるとされるからです。

 

 榊には、字の通り「神の木」という意味があり、またその語源は聖域と俗界との境を示す「境木(さかいき)」、栄える木という意味の「栄木(さかき)」から転じたともいわれます。

 

 現在、代表的なものはツバキ科のものですが、地方それぞれの常緑樹も使われています。榊は必ず枯れないうちに取り替えてください。

 

 

 

「神棚スタイル」より

 



  高崎だるま通販サイト 鈴屋

神棚の縁起物の取り扱い通販サイトについて


 神棚に飾るのに最適な、こちらの「高崎だるま」は、「だるま通販サイト鈴屋 公式サイト」にて、販売しております。

  高崎だるまの紹介

神棚の縁起物:商売繁盛グッズ
商売だるま
詳しくは「商売ダルマ」のページをご覧になってください

神棚の縁起物:合格祈願グッズ
合格だるま
詳しくは「合格ダルマ」のページをご覧になってください

神棚の縁起物:大願成就グッズ
福だるま
詳しくは「福ダルマ」のページをご覧になってください

神棚の縁起物:安全祈願グッズ
安全だるま
詳しくは「安全ダルマ」のページをご覧になってください

神棚の縁起物:夫婦円満グッズ
ブライダルだるま
詳しくは「ブライダルだるま」のページをご覧になってください

神棚の縁起物:必勝祈願グッズ
必勝だるま
詳しくは「必勝ダルマ」のページをご覧になってください

神棚の縁起物:長寿祝いグッズ
長寿祝いだるま
詳しくは「長寿祝いダルマ」のページをご覧になってください

神棚の縁起物:健康祈願グッズ
健康だるま
詳しくは「健康ダルマ」のページをご覧になってください

神棚の縁起物:冠婚葬祭グッズ
お祝いだるま
詳しくは「お祝いダルマ」のページをご覧になってください


神棚の作法.comの引用について 「引用の際のお願いについて」

☆当サイトを引用する際は、引用元を明記し、必ずリンクを張るようにしてください

【サイト名】神棚の作法.com
【URL】https://www.kamidana-sahou.com/

「関連ページ」

【神棚のお供えの並べ方】交換頻度も解説
【正月の神棚のお供え物】鏡餅を解説


神棚の作法.com | ご利益を頂ける神棚の作法を解説

神棚の作法.comのトップページへ



 運営情報  サイトマップ

Copyright©2016 神棚の作法.com All Rights Reserved.